コロナ後の海外旅行はどう変化したのか?マレーシア編

海外旅行

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

やっと…
海外へ自由に、制限なく行ける日々が戻ってきましたね。
旅好きには長かったコロナ3年間…。
これからまた旅ライフ楽しみましょう♡

私のコロナ後初海外
マレーシアのクアラルンプール」

コロナ前最後に訪れた国もマレーシア。(2019.11)
コロナ前と変わらず快適でした。(2023.6)

観光客も比較的少なく、マスクは約半数が着用。
Grab乗車時は必須でした。
日本の様に電車やデパートなどで密になることがなく、安心して過ごすことができました。

そんな悩みに答えていきます♪

マレーシアとは?

東南アジアに位置し、マレー半島南部とボルネオ島北部から成り立ちます。


■東京からクアラルンプールまで
フライトで約7時間半の距離
時差は1時間
日本との時差がほとんどないので、休みが短い方にもオススメ。

【言語】公用語マレー語(純公用語:英語)
【首都】クアラルンプール
【通貨】MYR(リンギット)
   2023.6月(MYR30.499円)
【宗教】イスラム教、仏教、ヒンドゥー教、キリスト教、儒教など

  • 観光地ではほぼ英語が通用します。
    旅行中はカタコトの英語でOK。
    (中華系の方も多く、北京語や広東語で会話も楽しめます)
  • 基本的にクレジットカードでOK!私は、空港で5000円両替したのみで10日間大丈夫でした。

日本からの入国条件は?

マレーシアは、コロナ前と変わらず出国&入国できます!
□パスポート(有効期限6ヶ月以上)
□90日以内にマレーシアを出国する航空券

▲90日以内ならビザ不要


・入国カード、出国カードの必要もなし。
・入国審査も指紋認証のみ。
入国時の質問などもないので初心者さんでも安心して入国できます。

女性一人旅でも安心。
(コロナ前最後に訪れた国もマレーシア。
物価が安く、居心地良いですよ!
円安で、海外旅行を敬遠している方はマレーシアを選んでみては?)

様々な宗教が混ざり合っているからこそ、お互いを尊重しあっている国だと実感。

他の国では見られないこの国独自の雰囲気を楽しめます。

色々な国の文化や食事を楽しめる魅力あふれる国です。
コロナ前に訪れた時よりもトイレなどが綺麗になっており、更に快適に過ごすことができました。

おすすめアプリは?


「Grab」
移動手段はほぼGrabです!
(Uberの様な自動車配信アプリ)

・アプリで行き先を入力するだけで値段が決定、オンライン決済。
・金額交渉や行先の心配なども不要。
ストレス0で移動できます♪

空港からクアラルンプール市内までGrabで約2,500円でした。

*ただ、私はGrabアプリ内での名前を変更していなかったため、ドライバーさんにiphoneと表示されていたらしく…「名前がないから不安だった」と言われました。
名前の変更もおすすめします☆

「Currency」

個人的に海外旅行の際に必須のアプリです。
滞在国の通貨の為替レートが分かります。
お店で「これいくらだろう?」と思った時に、現地通貨で入力するだけですぐ計算してくれるので大変役立ちます。160以上の国で使えるのでたくさん旅行される方も重宝しますよ♪

では、次回は「中部国際空港」→「クアラルンプール国際空港」の様子をご報告します!

旅行をもっと簡単に【Trip.com】

タイトルとURLをコピーしました