マレーシア女子ソロ旅!ベトナム航空乗継で行ってきました【出発:中部国際空港】

海外旅行

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

今回は、日本出国の流れです。
飛行機は、ベトナム航空にお世話になりました。

出国10:15発名古屋(日本)
中部国際空港
乗継13:50着
14:55発
ハノイ(ベトナム)
ノイバイ国際空港
入国19:00着クアラルンプール(マレーシア)
クアラルンプール国際空港

【今回の記事】
①ベトナム航空
②出国の流れ

③チェックイン
④セキュリティーチェック
⑤税関
⑥出国検査
⑦搭乗ゲートへ

ベトナム航空

【チェックイン】3時間前

人生2度目のベトナム航空。
機体はエアバス。
前回、離着時の衝撃がほぼ無く感動したのが忘れられません。

さて、今回は…
往復、乗継も含め、合計4回の搭乗。
全て離着時の激しい衝動がなかったです‼
ベトナム航空のパイロットさん、上手です‼

そして私の隣の席は空席。
3人席を一人で使えるという、
安心・安全・快適な空の旅でした。

機内後方座席はガラガラ。
前方座先は、ほぼ満席でシートは埋まっていたようです。
3列席×2のキャビンでした。

しかし、座席には液晶画面はなく、残念。
機内のエンターテイメントを楽しむには、
機内Wi-Fiを使用し、自分の携帯やタブレットで楽しみます。
映画数やチャンネル数も少なかったです。

機内食は、可もなく不可もなく。
私はチキンをオーダーしました。

出国の流れ(中部国際空港)

チェックイン
(荷物を預ける)
セキュリティーチェック
入国審査
税関(必要な人のみ)
出国審査
搭乗ゲートへ

チェックイン

ベトナム航空は、チェックイン3時間前
*航空会社によって違うので要確認。

私は、3時間前には到着。
既に30人程度の列でした。
特に問題もなくスムーズにチェックイン。
満席ではなかったため、
「隣が空席の席をご用意しますね。」と嬉しいお言葉を。

乗継の方は注意】
荷物をどこで受け取るか確認しましょう!
ほぼ最終目的地まで荷物を受け取らずに乗継できることが多いですが、念のため確認することをおすすめします。


【預け荷物の注意】
×モバイルバッテリーをスーツケースなどの預け荷物に入れることはできません。
検査で引っ掛かり、モバイルバッテリーをスーツケースから取り出す人をよく見ます。


セキュリティーチェック

繁忙期などは、大変混みあうので早めに行くのが良いでしょう。
ただ、中部国際空港の場合は、国際線の数にもよるのか、比較的他の空港よりはすいています。

今回もスムーズにクリア。
■ブーツ等は、靴も検査対象になるので要注意。
セキュリティーチェックの前に飲み物を買ってはダメ。没収されます。(国際線)
■液体物は、100ml(g)以下の容器に入っており、容量1ℓ以下のジップ付き透明プラスチック製袋に入れないといけない。
(袋の中の液体物の個数制限は特にありません。液体リップや目薬なども対象です。)

中部国際空港の場合、
おやつや軽食を買いたい方は、セキュリティーチェック前に買っておいた方が良いです。
出国エリアには、飲食店がほとんどない&やや高い値段に設定されています。

税関

ほとんどの人が申告の必要はないと思います。

【申告が必要な方】
・外国製品を持ち出す人
・100万円相当の現金を持ち出す方
・輸出免税物品を持ち出す方

出国審査

係の人に自動化ゲートを案内されます。
パスポートの顔写真ページを広げて機械にかざすのみです。
後は自動的に自分の顔と照合され終了。
係の人がいるので分からないことは教えてもらえるので安心してください。

*パスポートのスタンプが欲しい方は、この後職員に伝えてください。
私は、いつも記念にスタンプ押してもらっています。

搭乗ゲートへ

出国エリアにきたら、まずは搭乗口を確認してください。
中部国際空港は広くないので、すぐ見つけられます♪

搭乗時間まではショッピングなど、国際線ならではの時間を楽しみましょう!
中部国際空港は店舗数が少ないので、短時間でも見て回れます。
出国審査を終えたすぐの所にお店があり、化粧品やお酒などが購入できます。

また、残念なことにレストランが少ないのです…
美味しいご飯を楽しみにされている方は、セキュリティーチェック前に済ませた方が良いでしょう。



早めに到着すると時間を持て余すことも。

ゆっくり座れるソファ席などもあるので、お仕事をしたい方や旅行先での計画を立てたい方は、こちらの席もおすすめです。



搭乗ゲートによっては、飛行機までバス移動になることあります。
私は、今回はバス移動でした。
航空券に記載されているグループ番号順に呼ばれるのでグループ番号のチェックを忘れずに!
飛行機に乗る際にはパスポートと搭乗券が再度必要となるのでいつでも取り出せる所に身に付けておくと良いです。


また、搭乗前にはトイレには行っておきましょう。
飛行機に搭乗後、出発が遅れたり、気流の関係でシートベルトサインがなかなか消えず、トイレに行きづらいこともあります。
私はニューヨークからの帰国便で、約3時間出発まで機内待機の時間があり辛かったことがあります。(トイレに行ってもよいのですが、なかかな行きづらかったのでご参考までに。)

旅の始まりの一番のワクワク時間!

では、いよいよ出発✈
Have a nice trip!

タイトルとURLをコピーしました